Attractive commodity group that doesn't permit other follows

Gloss Black Machining Hyper Black Machining Matted Black Machining 3D Brushed
Gloss Black / Machining Hyper Black Machining Matted Black / Machining 3D Brushed
Balken Balken Balken Balken

Design Concept>>

「1ピース鋳造」でなければならぬ 必然性

Castだからこそ 成し得た 迫力ある "Concave-Shape" を実現
Castだからこそ 成し得た より繊細で、柔らかな面とラインを表現
「日本発」を意識したモノ作り

Design Menu

V Spoke × 5
2014年のトレンドを占ううえで外せないのがSPORTS / COUPE。
ミニバン、セダンをメインターゲットにしながら2dr/4dr COUPEにもBest MatchできるDesignを追求。
辿り着いた先が・・・「2×5 SPOKE」。
Balkën wheelsが初めて世に問う全く新しいDesignである。
Concave/コンケーブ断面 「 +3mm 」
フランジ面より 3mm 高く Spokeのスタートを設定することでセンターへ向け、より ダイナミック に流れ落ち込んでいくようなDropped-Shapeを実現。
Over Rim-Spoke
フランジ先端まで延びたSpokeがワンサイズ(大口径)大きく魅せるような視覚効果を発揮する。
2 Face Style 「 Rear 専用設計 」
限られた車種、尚且つ そのRearだけにのみ設定されたSize、Inset、Design。そのExclusiveな発想は、選ばれた者だけに与えられる。
Exclusive Design
FORGED Lineとは似て非なるDetailを随所に再現。Cast Modelでなければ実現できない、発想できないDesignを全く白紙から再検討、再構成。
Ballマシニング
Paintモデルには 今年のトレンドのひとつになるであろう・・・'12年SEMAショーでU.S.鍛造メーカーがこぞってスポークCrotch(股)〜Side部を「Ball型にマシニング加工」を早くもbasicでも採用。 シャープでエッジが効いた意匠をみせながら、限界値までの軽量化を追及。
 

Color Variation>>

Paint-Model
粉体塗装採用により従来の液状とは異なり、塗膜の厚さ、強さ、均一性に優れている。また、無溶剤塗料であるため環境に負担を かけない。Paint後、さらにMain-SpokeのCrotch部(股、付け根)をボール加工することにより、アルミ素材が本来持つ地肌が露出し、 見事なContrastを発揮。多大なる手間が塗装面とアルミ地肌のコンビネーションを創造するとともに軽量化を実現。
Brushed-Model
従来のCast 1Piece Wheelでは、困難であった「全面Brushed」に成功。brushedに対応できるべく設計段階から緻密な計算&試行を繰り返し、遂に実現。
Polish-Model
Disk天面をダイヤモンド加工・切削により高品質・高密度Cast肌を露出し、レインボーに光り輝く意匠面を再現。Side面を正反対 となる光を吸い込む"Mat Black"で纏ったことにより、お互いの異なる主張が見事なバランス、ハーモニーを魅せる。

Method Menu

MADE in JAPAN
高品位・高密度・高強度・軽量化 × 鋳造Technology
安定した圧力を最後までかけながら重点を行う「高品位低圧鋳造方式」を採用したことにより、特に優れた鋳肌 (きめ細やか、高密度)を得ると同時に、組織が緻密なことからRIMの薄肉化も可能となり、軽量化も実現。また、高級車に 多く採用されている、ランフラットタイヤに求められる高い剛性も確保。 日本製の精度が高い金型を使用することで、鋳造開始から高精度なモノ作りを可能としています。